FC2ブログ
FC2カンター

プロフィール

hide-i

Author:hide-i
2足歩行ロボット、CNC関連のブログです。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Hide-i ロボット & CNC ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれもこれも
収拾つかない感はあるけど、色々やってます。

まずは、これ。
20150423-1.jpg

RUMBAですが、他のファームウェアも同じかは分かりませんが、Marlinを書き込むと、温度センサーなど繋がないと動作しない。
手元にあったボリュームとリミットスイッチを繋いだ。
ボリューム10kオームが3個しかなかった。本当なら、100kオームを繋ぎたかったがこれでテスト。
2個は、ホットエンド用、もう1個はヒートベッド用。
なので、2エクストルーダ用にファームウェアを書換え。
動作はOKですね。

もう1つは、これ。
20150423-2.jpg

この基板は、秋月のSTM32F103RCT6マイコンボード。
このCPUは、3軸ブラシレスジンバルのEvvGCと同じです。
で、何をやっているかというと、Flip32などNAZE系のマルチコプターコントローラーで壊れてしまったなどの話があるので、まだNAZE系のコントローラーを入手していないので、手元にあるもので何かできないかなと言うことです。
STM32の場合、シリアルブートローダーは基本的にCPUに最初から書き込まれているので、FTDIのUSBシリアルを繋いで、BaseFlightを書き込んでみた。
書き込みはOKのようですが、PCからの設定ソフトからはつながらないな。
CleanFlightでも試してみたが、やはりPCからの設定ソフトからつながらない。
何でだろう???

NAZE系のCPUは、STM32F103CBT6なので、今回使用したCPUの方がメモリーが多い程度で後は同じと思うのですがね。

あと、NAZE系で、「何でこれ使わないのかな?」と思っていることが1つ。
このSTM32では、USBの機能があり、その機能は使っていないと言うこと。
最初にUSB用のブートローダーをシリアルから書き込めば、後はUSBからファームウェアの書き込みやPCからの設定変更とか出来るのですが、その様にプログラムは書かれていないようです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。